jun431の陶芸Blog

陶芸ブログとは名ばかり・・(;´Д`) 今や花や猫が登場する箸休めブログと化しております。 いつか作陶することを願って、このカテゴリで!

カテゴリ : 散歩

夜がそんなに寝苦しくありません。暑さに慣れたのでしょうか?梅雨明け間近で、涼しいのかもしれません。中野港で、陸揚げされ修理を受ける漁船。もう少し、空の青が増して、雲がモコモコなれば梅雨明けです。中野港周りを、うらうら散歩しました。 ...

散歩中に見つけた椿の実。真っ赤です。秋には熟れて、パカッと割れます。種が取れますね。明日は、妖怪ジャズ。駅前でボランティアがんばります。今回も暑いんだろうなぁ。 ...

あちこちで、柿が熟しています。秋らしい柿と空の写真。天の真名井の周辺には、多くの柿がなっていました。とってもおいしい水が、湧き出しています。水タンクに汲んで帰りました。珈琲にもってこいです。今日から11月。文化の香りをかいで、本でも読もっと。 ...

建国記念日の今日。久しぶりに雪の中散歩しました。30分も歩けば、じわっと汗をかきます。色の少ない風景に、救われるような黄色。またしても蝋梅を。ぱかっと今にも開きそう。そして、椿のつぼみ。どんな花を咲かせるんでしょう。山茶花が終わると椿が。椿の花が知らないう ...

葉っぱをみんな落として、誰もとらない柿が、ぽつっと夕暮れ迫る空からぶら下がっています。鳥は、熟すのを待って、啄みに来るのでしょう。柿の色は、夕焼けのもましてキレイな色をしています。表紙の入れ替えを。 ...

秋の空の雲。鱗模様の雲が流れていきます。隙間から白い月が覗いています。 ...

銀木犀のふわっとやわらかいニオイ。このニオイは、繊細で小さく香ります。見事な大木も見納め。最後のお別れに行ってきました。その帰り道。ニャンだ?おまえ!?見なれんやつだが、撫でたいなら撫でていいぞ。寄ってきて、コロンです。冬毛に変わるのかいっぱい毛が抜けま ...

またしても台風接近中。27号は、相当大きいようです。警戒が必要です。散歩の途中で、こっちを見る視線を感じて・・。ワン。って言ったら、吠えられました。(;´Д`) ...

日本一(?)かもしれない・・綿花栽培の産地になってきました。キレイな綿ができました。絣は、昔の作業着。藍に染まって、日本の色になります。白じゃなくてクロちゃんには、興味がないようでした。(;´∀`) ...

気持ちよく目覚めた朝。久々に散歩するぞと出発。憶えたてのビデオ編集で・・・(゚Д゚;)  彼岸花。ネコ。船。銀杏。列車。みんな境港! ...

見事な柘榴を庭先に見つけました。南西アジア原産の柘榴は、シルクロードを伝って東へ。西安の都は柘榴の産地でした。今日は、新校舎へ引っ越しの手伝いに行きました。沢山の保護者や、卒業生のボランティアとともに午前中で搬入を終えました。でもこれからが大変。整頓し終 ...

珍しいものを見つけました。いがの先もまだ柔らかさが残るような夏の毬栗。なんともキレイな色です。木になったムラサキウニならぬ、キミドリウニ。秋には、沢山の実をつけるのでしょうね。 ...

今日は、もの凄い雨と雷でした。気象用語では、「猛烈な○○」というと最上級の状態を指すようです。このところの「猛烈な暑さ」そして今日は、「猛烈な雨」でした。「猛烈な台風」なんてのも、これからやってくるかもしれません。「オー、モーレツ」ぐらいで終わらないモン ...

小さな標識をJR境駅の脇で見つけました。5㎝弱の正方形。何の標識かわかりませんが、おしゃれな作りです。色使いやロゴマークの配置とサイズ。こんな小さな標識にもセンスの良さが見えます。こういうとこ大事にしないといけないな。 ...

住宅地の一角で見つけた菜の花。すばらしいの一言です。やわらかい春の日を浴びて、少し寒がりながらも上に伸びる花々。黄色が目に優しく映ります。 ...

見事な桃の花です。これだけの桃の木は、なかなかお目にかかれません。それが、今まさに満開です。『桃色』はピンクじゃないって、はっきり言えそうです。彼岸の中日。あちこちのお墓に花が手向けられています。 ...

日野橋は、今では、車の通れない橋として、その遺構をとどめています。近くは通るものの、歩いて渡ってみるチャンスがなかったのですが、巡ってきました。この鉄骨を組んだ構造は、リズムがあり男性的で魅力があります。橋向こうには、王子製紙の工場が・・。うちの子どもた ...

逆光からの梅の木。緑の葉が生い茂った梅の木は、余りイメージにありませんが、春先に可憐な白い花を咲かせる梅は、みなさんがイメージしやすい梅のような気がします。葉を落とした梅の木は、春へ向け静かにしてエネルギーを溜めている様子です。本日が仕事始め。一つの節を ...

西高東低の気圧配置。空気も今までと違う冷たさと張り詰めたような感じがあります。空が高く澄みきっています。明日は、仕事始めです。1年のスタート。丁寧で謙虚なスタートを切りたいと思っています。雲を突き抜けたところにある空のように。 ...

気温が上がらない日が何日か続くと、インフルエンザの流行が聞こえてきました。今年は、インフルエンザのA型が今の流行のようです。ご注意を。市内ではノロウィルスの集団感染も出ているようです。いよいよ明日は、冬至。どんよりした山陰の空に、どれだけ太陽は日差しをくれ ...

西高東低の気圧配置で、寒波襲来。土曜日から日曜日の朝にかけて、霙交じりの雪となりました。朝には、ほとんど溶けたのですが、草むらにはまだ形をとどめて残ってました。冷たい風が吹く中、亡くなった大学の恩師に線香でも送ろうとギフトショップへ。突然でした。息子さん ...

島根半島は、紅葉で色付き眼を休ませてくれます。その半島を越えて西から吹いてくる風は、日に日に冷たさを増し、落ち葉を吹き飛ばしています。柿の木もすっかり葉を落とし、捕られずに実だけが残った木をあちこちに見かけます。そんな渋柿を丁寧に干してあるお宅を見つけま ...

この時期の色づいたイチョウは、特段に惹きつけられます。落ち葉の黄色が目に優しく映ります。この神社の境内にも大きなイチョウの木が黄葉しています。幹は、苔むして、より壮大さを増しています。ある建物を今建築中なんですが、入り口までの街路樹にイチョウを植えたいと ...

大きなイチョウの木がある神社。この辺りを散歩するときには、必ず立ち寄ります。赤い鳥居と黄色く色づいたイチョウのコントラストがきれいです。お地蔵さんだって。赤い前掛けと落ち葉の黄色のコントラスト。秋は、たくさんの落ち着いた色に満ちています。 ...

一月ほど前、初めて「関の五本松」へ行ってきました。今まで行ったことがなかったのは、なんでだ・・・?ロープーウェイは、今は休止中。頂上にも誰もいませんでした。でも眺めは、すばらしい。境方面。一文字が見えます。美保湾越しの大山。カモメが小舟で休んでいます。イ ...

隠岐汽船の高速船、「レインボー2」が乗客を乗せています。島へ帰る人や旅行や釣り道具一式をかかえている人などたくさんの人が乗り込んでいます。これから、隠岐の西郷へ向かいます。実はこの船体が見られるのは、平成25年の11月まで!?新しい船へと変わるんです。先日、後 ...

車で走りながら、飛び込んできた夕焼け。道端に車を止めて、シャッターを切った。夕焼けは、数秒もたつと雲の色を変え、西の空をさらに茜色に染めていった。天の高いところにある秋の雲にもうっすらと茜色をのせている。山際がくっきりと稜線を浮かび上がらせるこの頃が、好 ...

最近、めっきり涼しく感じます。うだるような暑さから解放され、ご無沙汰していた散歩に。小一時間ほど歩いて、塀の上でこっちを見てるノラ発見。いつもの会話で、ご機嫌を伺うと・・。「ニャ」と、なでろとの指示が。ハイハイ。思いっきり、ガシガシしてやりました。牛模様 ...

これを振ると飛びついてくるんですヮ (´▽`)飛びかかる前の低い姿勢もいいですね。これから最終便で東京へ行ってきます。 ...

日本の季節をあらわす二十四節気。夏至の最後を飾る雑節を「半夏生」と呼ぶそうです。雑節は、他にも「節分」「彼岸」「八十八夜」「土用」など聞き慣れたものがありますが、「半夏生」は7月2日頃から5日間を指すそうです。さて、この名前をいただく植物を見つけました。 ...

このページのトップヘ