朝が明ける頃のハゼの実。
冬の気圧配置に向け、日本列島を挟むように前線を伴った低気圧が二つ上下に並んで通り過ぎて行きます。
前線の通過に伴って、急に冷たい風が吹いたり雨が降ったりします。体も気温の変化に慣れておらず、風邪もひきやすい時期です。

すっかり葉を落としたハゼの木には、木蝋の原料となる実がたくさんついています。鳥も時々ついばんでいます。黄色がかった白は、寒さが増すこの時期にとても馴染んだ白で、雪の白さとは別ものです。

今年は雪はどうなんでしょう?
気になるところです。