電気コードが焼き切れることはなかったですが、設定の温度で上昇しないのはなぜ???

いろいろ疑問は残るのですが、窯から出てきました。

藁灰釉らしき釉薬は、配合比がどうだったかなどわかるはずもなく、相当なギャンブルでしたが、ガラス質のような状態で焼き上がりました。

R0014601


R0014604

スープカップです。

もう一つは、箸置き。

これは秞が薄く掛かったのか、違った感じに。

R0014607

R0014610

一緒に作った仲間にも作品を届けました。

喜んでくれてたのが、救いです。

少しずつでも作陶を続けたいなと思いました。

banner(2)