粉引きの飯茶碗その5は、白化粧を二度掛けした作品です。
なんだか最初から意図していたようなことをいっていますが、諸条件が重なって、二度掛けのようになったものです汗
果たしてどんなふうに焼けるのか興味があって、焼成しました。
まず、一つ目A型
1fe9b68b.jpg

厚く掛かったせいでか、化粧のひびが見えます。
103c05a4.jpg

5da27074.jpg

なんとなく抹茶を点てる茶碗のようにもみえなくもないか・・(なんちゃって)

二つ目B型
1810b74a.jpg

ほほ?、なかなかの景色(;´▽`A``
ありゃりゃ困った
見込みには、底締めの悪さからひび割れがぁぁぁショック
67490aee.jpg

こりゃ使えませんが、面白い焼成になって、白化粧のまた違った面白さを知ることができました。
764b3220.gif