粉引きの飯茶碗、第一号が焼けました。
9f8cce4b.jpg

焼成は、弱還元ながら匣鉢の中に入れる炭量を増やしました。
あくまでも、燃え尽きる炭量をキープしながらですが・・。
d2d9132a.jpg

掛けた灰釉は、残り少なくなった梨灰釉です。
厚く掛かったところは、梨特有の暗いブルーがうっすらでます。
92fd4f34.jpg

火間も化粧の掛け残しとして、残すことができました。
どうぞ、美味しいお米をいただいてください。
そんなお役に立てたら幸せです。
76bc1ac9.gif