先月調合した藁灰釉で、いくつか焼成してきました。

やんわりとした釉調は、好みなんですが、
もう一つ溶け具合と、釉の色合いがしっくりいってません。

溶けやすくして、酸化焼成で、黄みがかって出てくれないかと思い、アレンジしてみることに。

考えたのは、溶かす灰を混ぜてみるということ。
出来上がった釉薬に、後から灰を混ぜたことはないのですが、挑戦です。

調合比は、乾燥重量では出せないので、変則的な尺合わせで。

  藁灰釉2000?(500ccのカップ4杯)+梨灰100g

元の藁灰釉には、合成土灰を入れているのですが、これが原因かなと思ったもんですから・・。

自分で作った梨灰ならいい仕事してくれそうな気がしたんです。
ビビッと走った勘を頼りにイッチャエーの藁灰釉です。

そうだ電球 イッチャ藁灰釉 という名にしよう! (///o///)ゞ

50cdb1bf.gif