今日はとっても良い天気。
島根半島の山は、うっすらと雪をかぶり、青空に映えます。

鉄は、とても惹かれる素材のひとつ。
土にも灰にも必ず入ってる元素。
酸化と還元の違いにも敏感に反応し、青や黄、赤などの様々な色味をみせる。


今回の調合は、また基礎釉に8号乳白釉を使い、「鉄赤釉」を目指した。
酸化鉄は、10%以上の含有量で黒から柿色を示す。
それに、骨灰を加え、リン酸分を増やすことで、赤みを出せないかと考えた。

調合比は、8号乳白釉+弁柄(15%)+骨灰(15%)+マグネシア(7%) です。


でもなぁ?。
今回は、なんでかなぁ。
あまり思ったような釉調で出てこない気がするんです。ε-(?ヘ?)┌ ダミダコリャ…

でもそこいら辺りに、釉調合の醍醐味がありそうです。

僕の感覚とマッチした、僕だけの色が生み出せるんじゃないか p( `o´ )q
なーんて、突っ走ってみたくなるときに、どーも釉調合してるような気がします。

そんなワクワクする気持ちが、たくさん生まれてきていることに、感謝です。

ありがとう♪(#^ー゜)v                     609cbd74.gif