少々間が開きました。≦(._.)≧ ペコ

蓋を開けた段階では、まだ底で起こっていることは、予想できませんでした。
一段目の棚板を取ると・・・・・。

72b673af.jpg
 ef977399.jpg

ブチブチと断線しているカンタル線にため息をつきながら、下を見ると・・。
~(・・?))(((;・・)? なんだか底が煤けてる??
いやぁ?な予感が・・。
最後の棚板にたどり着いてみると、・・・。

46b4c3fb.jpg

(/|||?▽)/  なんじゃこの煤けようは (?■?;)!?

そして、最下段の棚板を外すと・・。
75087c74.jpg

||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!
どうなってんのやら、何がなんだかわかりません。Y(>_<、)Y ヒェェ!

脈拍が下がるのを待って、共栄電気炉へ電話しました。
担当者の方曰く、「線の寿命かも知れません。」
しかし、カンタル線の寿命は納得できるのだが、どうして炉壁まで煤けることがあるのだろうか?
(?。?)そ( ?。)う( ?)な(   )の(? )よ(。? )ん(?。?)様子も伝えてみるが、「みてみないことにはねぇ?。」
出張修理の見積もりを送ってもらうように頼んで、電話を切った。

ハァ?。(;´ρ`)

後日届いたFAXには、カンタル線の張り替えだけで高級デジカメ一台に、カラープリンタが購入できるほどだ。炉壁もそっくり換えるとなると、車の車検が通せちゃう。
°°┏(;;;?Q?)┛°°・ゼェゼェハァハァ

しかぁ?し。こんなことで負けるようなあたしじゃない。
無い知恵を必死でふりしぼっていたところへ吉報が。
所轄のおえらさんが、「修理に出せ。請求書は、こっちへ回せ。」
(¬¬)ホント?????  日頃の行いか~(=^--^) ぁ ゃι ぃ
んなこたぁどうでもいい。救いの手だ。サバリつけぇっ。
なんと気前のいい。(○゜▽゜○)/ ヨッ!!、男前!
「すぐ壊れるんなら、新しいのにするかぁ?」Σ('◇'*)エェッ!?
この言葉には、ビックリしたが、さすがに気が引けて、修理させてください。と答えた。

なんとか、復活できそうである。
11月10日。修理に来てもらう日取りも決まった。
ィェ‐ィ v(´▽`v)))))).......((((((v´▽`)v ィェ‐ィ