先日挽いたカップと茶碗を削りました。
土もんは、四分乾きの時に削るのがちょうどいいといわれてますが、これも慣れがものをいいます。
底に親指の爪を立てその入り具合で削りのタイミングを計ってます。
まずは芯出し。芯が出たら粘土で固定。中心に左手の中指を入れるすり鉢状の凹みをつくります。見込みの形を思い出しながら削っていきます。
かんなからシュッーと削りかすが飛び出します。
高台部分を削って完成。
コーヒーカップの場合、削りの工程の前に取っ手をつくって乾かしときます。
ドベで取っ手を取り付け、高台脇に印を押して「ハイ!」出来上がり。OK

てな具合で、削っていきます。ものを作ってるときは、ほんと楽しい笑顔