jun431の陶芸Blog

陶芸ブログとは名ばかり・・(;´Д`) 今や花や猫が登場する箸休めブログと化しております。 いつか作陶することを願って、このカテゴリで!

さあ、初挽きと気合いを入れ心を落ち着かせ轆轤に粘土を据える。 冷たく冷えた粘土に水をつけ、両脇から挟み込む。 スッと上に伸びる粘土を右手で押さえ、芯だし。 一塊を指でとり、左手の親指をゆっくり差し込む。 右手の中指と親指で土を挟んで、挽き上げる。 口縁を整え、 ...

2006年がスタートしました。 実家でゆっくり羽を伸ばしてました。 明日は、挽き初め。静かに轆轤に向かう予定です。 昨年末に立てた今年の抱負に近づくよう、まずは、しっかりとした技術の習得をしていきたいとおもいます。繰り返しです。 実家で、幅を利かせているミ ...

2005年ももうすぐ終わろうとしています。 今日は、今年最後の窯出し。 粉引きに厚めに掛けた梨灰透明釉のカップが、焼けました。 見た目は、なかなかいけてます。 この正月に使ってみて、次へ生かそうと思います。 来年の制作は、二つの目標を掲げています。 一つは、『 ...

いつになく寒い年の瀬。  今日は子どもたちとマージャンにふけった。 上がり方も上手くなってきてる。 この調子だとやられるようになるのもそう遠くはなさそうだ。(・・・(゜_゜i)タラー・・・) みぞれに打たれた山茶花が、綺麗な蕾を付けている。 ...

みぞれ交じりの天気。 今年最後の焼成に取りかかった。 粉引きの作品に比重を上げた梨灰透明釉を掛け、匣鉢による炭化焼成。 ほとんどの粉引きの作品が、薄い透明釉を掛けると説いているが、それがなぜなのか引っかかっていた。 実際に厚めの透明釉を掛けてみたらどうなるの ...

このページのトップヘ